このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 402
Eprint ID
402
FullText URL
Title Alternative
Influence of Environmental Temperature on Various Organ Weights on Japanese Quail Chicks
Author
Sato, Katsunori
Ota, Kazuo
Kawamoto, Yasuo
Abstract
本研究は日本ウズラの成長に及ぼす高温ならびに常温環境の影響を調べる目的で,異なる2つの温度環境(34±2℃,22±2℃)下で飼育された日本ウズラを用いて,2,3,4,5,6週令の体重と各種の器官重について比較検討した. 測定した器官は肝臓,膵臓,心臓,肺臓,腎臓,筋胃,筋胃以外の消化器,精巣,卵巣,卵管および脾臓であった. 得られた結果は以下の通りである. 1)高温区の生体重,屠殺後体重,実質体重および屠体重は常温区のものより劣っていた. 2)高温区のすべての器官重は常温区のものより劣っていた. 高温区と常温区での肝臓,膵臓,筋胃,筋胃以外の消化器には3週令から,心臓,肺臓および腎臓には4週令から,精巣には5週令から有意な差が認められた. しかし脾臓には6週令の雄以外は有意な差が認められなかった. 3)屠体重ならびに器官重と体重との問には有意な正の相関が認められた,屠体重と体重との相関はもっとも高く,つづいて肺臓,心臓,腎臓,筋胃,肝臓,脾臓,膵臓,生殖器の順序であった. 4)器官の比体重値は温度環境の影響を受け,その影響は器宮の種類によって異なることが認められた。
Published Date
1976
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume47
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
51
End Page
58
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa