このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34
Eprint ID
34
FullText URL
Title Alternative
Effect of day length on growth and flowering of gladiolus. : 2. Effect of day length of 10 and 11 hours in summer.
Author
Yasuda, Isao
Yokoyama, Jiro
Abstract
1)グラジオラスの開花が日照時間を冬の最少日照時間と同じ即ち10~11時間に制限した場合如何なる影響を受けるかについて試験をした.供試品種はヘクター,ストップライト,ラジアンスの3品種で,これらを使つて標準区と比較した. 2)10及び11日照時間区は標準区に比し,何れも幾分開花期が早くなるが,ブラインドの現われる率も高くなる. 3)10及び11日照時間区の草丈,葉数及び着花数は標準区より幾分減少するが,その差は僅かである. 4)グラジオラスの開花に必要な日照時間は夏季に於て9時間では不足で,少くとも10~11時間を必要とする.但し,これは品種に依て差があるようである. 5)以上の結果から推して,グラジオラスの冬季開花には温度の他,日照時間以外の要素例えば日照の強さ,日射量などが関係しているように思われる.何故ならば,グラジオラスは日照時間の短い冬にはたとえ温度を高めてもブラインドの発生が極めて多いからである。
Published Date
1954
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume4
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
12
End Page
22
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa