このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 835
Eprint ID
835
FullText URL
Title Alternative
Effect of Spinach Carotenoids on Differentiation of Some Human Leukemia Cell Lines
Author
Takagi, Shigeaki
Hizume, Kazuhisa
Kimura, Yoshinobu Kaken ID
Minowada, Jun
Matsuo, Yoshinobu
Abstract
ホウレンソウ緑葉カロテノイドのヒト骨髄性白血病細胞株に対する分化誘導活性を調べると同時に,その目的に合致する活性測定法の選択,及び細胞株の選択を行った. ホウレンソウ葉カロテンはML-1,ML-2及びHL-60細胞の分化誘導活性を示し,ルテイン,ビオラキサンチン,ネオキサンチンのキサントフィル類は活性を示さなかった.ホウレンソウ葉カロテンは細胞の生存率を80-85%に低下させるが,キサントフィルの毒性は極めて弱い.そのカロテンの分化誘導活性はレテインとの共集合体を作らせることによって増加しており,これはカロテンと細胞との相互作用の増加を示すものである.カロテノイドを用いた場合の分化誘導活性測定法としてはNBT還元法と間接蛍光抗体法が有用であった.試験細胞として上記3細胞株はいずれも有用であるが,なかでもHL-60はホウレンソウ葉カロテンによる分化誘導活性を最も強く受ける。
Published Date
1992
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume80
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
7
End Page
15
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa