このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 853
Eprint ID
853
FullText URL
Title Alternative
Induction of Cultured Cells from Tuberous Root of Sweet Potato(Ipomoea batatas L. cv. Benihayato)and Selection of a Stable and High Carotenoid-producing Strain
Author
Ichi, Takahito
Tada, Mikiro
Abstract
サツマイモ(栽培品種名:紅隼人)の塊根組織を,1μM2,4-Dichloro-phenoxyacetic acid(2,4-D),3.0%sucroseと0.2%GELRITEを加えたLinsmaier-Skoog(LS)の固体培地に置床し,光照明(12時間の明暗サイクル)の下で培養することにより,少量のカロテノイド色素(35μg/g-乾物)を生成する培養細胞を誘導することができた.この誘導された培養細胞から,小集塊選抜法を繰り返すことによって高カロテノイド色素生産株の選抜を行った.22回の選抜と継代培養によって得られた培養細胞は,もとの誘導培養細胞の8倍に相当する265μg/g-物のカロテイド色素を生産し,その増殖率(収穫された新鮮物重量と接種した新鮮重量の比)は選抜を行う前の培養時に比して約3.5倍に増加した.選抜によって得た高カロテノイド色素生産株を液体懸濁培養に供し,より高いカロテノイド色素の生産条件の検討を行った.その結果,1μM2,4-Dと3.0%Sucroseを添加したLS液体培地を用い,3,000lxの照明下で振盪するのが最適であり,この条件で得られる培養細胞のカロテノイド色素含有量は,材料に用いた植物組織の含有量(200~300μg/g-物)よりも高い385μg/g-物であった。
Keywords
サツマイモ
培養細胞
高カロテノイド色素生産細胞
紅隼人
Published Date
1992
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume80
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
61
End Page
68
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa