このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 430
Eprint ID
430
FullText URL
Author
中野 幹夫
工藤 久美寿
松田 政紀
片岡 衛
Abstract
本農場のマスカット栽培においては経営的判断から8月上,中旬の出荷を目標に加温栽培した。加温栽堵に当たっては1月中旬加温した。ビニール内張りによる省エネ効果が大であるので自動カーテンの設置が望まれる。その際,除湿方法を検討する必要がある。新梢本数は主枝の片側15cmごとに1本,葉面積指数2.5~3.0程度に増しても良かろう。根の活力増大が望まれ,有機資材の投入により土壌の理化学性の改善が必要である。
Published Date
1980-12-20
Publication Title
岡山大学農学部農場報告
Publication Title Alternative
Bulletin of the Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
Volume
volume3
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
17
End Page
22
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bfsc