このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 693
Eprint ID
693
FullText URL
Title Alternative
Promotion of Seeded Berry Setting on the Clusters of 'Pione' Grapes by Cane Pruning and B9 Spray on Prebloom Clusters
Author
Okamoto, Goro
Nishimura, Yuko
Shimamura, Kazuo
Kawada, Akihiro
Kikkawa, Jiro
Abstract
1.短梢せん定方式で栽培した‘ピオーネ’では,多くの無核果が着粒するが,これらは有核果に比べて著しく小粒になる. 有核果の着粒を増加させることを目的として,開花前の花穂に対するB9散布と,長梢せん定方式への切換えを行ってみた. 2.B9散布により,有核果及び無核果の両方の着粒率が増加したが,長梢せん定にすると結実した果粒の有核果率が高まり,ともに果房あたりの有核果粒数が増加した. 3.開花期前の胚珠及び胚のうの初期発育は,短梢せん定樹でB9を散布しない花穂のほうが早く進行したが,開花期においては,B9散布区及び長梢せん定区のほうが,完成した胚のうを持つ正常胚珠の比率が高かった. 4.花粉管の胎座下部への伸長及び珠孔から胚のう内への到達は,区による差がなかった. 5.山梨県内で‘ピオーネ’を連年長梢せん定し,B9散布も行っている経済栽培園では,さらに多数の有核果粒が着生していた. この場合も,開花日における正常胚珠の比率が高かったが,花粉管の生長には差がなかった。
Published Date
1985
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume66
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
1
End Page
7
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa