このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 400
Eprint ID
400
FullText URL
Title Alternative
Histological Studies on the Tuber Formation of Cyclamen persicum Mill.
Author
Yasui, Koichi
Miyata, Keiichi
Abstract
シクラメン塊茎の発育中にその内部においてみられる変化を組織学的に調査した. 結果を要約すると以下のとおりであった. 1.シクラメンの塊茎は発生学的には胚軸の肥大したものであった. 生育初期における胚軸の中心柱内における維管束配列は真正中心柱であった. 2.は種80日後には二次胚軸維管束,130日後には三次胚軸維管束の環状の列が一次胚軸維管束を取り巻いて生じた. これらはいずれも内鞘から分化してきた. 3.塊茎の二次肥大は主として木部柔細胞の増加によってなされ,皮層の厚さの増加はほとんど関与しなかった. 4.胚軸維管束内には維管束内形成層が発達したが,維管束間形成層は分化しなかった. 5.シクラメン塊茎の肥大型は茎や根の異常肥大成長型の一つである多環型の一変形とみるのが妥当と思われた。
Published Date
1976
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume47
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
35
End Page
39
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa