このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 606
Eprint ID
606
FullText URL
Title Alternative
Effect of Phosphate on the Growth and Toxin-Producing Ability of a Bacterium Isolated from Nematode Bursaphelenchus lignicolus
Author
Tada, Mikiro
Omizu, Akimasa
Shiroishi, Masahide
Abstract
病原性を有するマツノザイセンチュウから単離したバクテリアの完全合成培地を確立し,生育と毒素生産について検討した. 1)バクテリアの生育には,高濃度の無機リン酸塩が必要であり,最適濃度は100mMであった. この無機リン酸塩はATPでは代用できなかったが,G-1-Pは充分な増殖をもたらした. 2)バクテリアの毒素生産能は,普通ブイヨン培地で培養すると消滅するが,高濃度のリン酸塩を含有する培地で培養すると誘導される. 3)毒素生産にはマツの水抽出液が必須であり,毒素の前駆体はマツの体内に存在すると考えられた. 以上の学験結果から,バクテリアは,マツノザイセンュチウの体内でその代謝中間体である,ある種のリン酸化合物を栄養源として増殖し,さらに毒素生産能を獲得した後,マツの材中に放出され,特定の成分を毒素に変換することが推察される。
Published Date
1981
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume57
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
35
End Page
40
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa