このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14995
Eprint ID
14995
FullText URL
Author
Terasaki, Kayo
石田 三枝子
Yoshio, Keiko
Yamamoto, Sadae
Nakamura, Akemi
福井 由美
坂本 香須美
Abstract
入院時の情報収集は患者の苦痛,疲労が最小限になるよう,短時間で聴取でき,適切な問題把握かできることが望ましい。しかし,当院の入院事情と重なり情報収集が円滑に進まず時間を要していた。そこで,入院前にデーターベースを患者に渡し自己記入してもらうことを試みた結果,聴取・記録時間の短縮かでき,問題点のしぼりこみも早くできるようになった。
Keywords
データベース
自己記入
時間短縮
Published Date
1997-12
Publication Title
岡大三朝分院研究報告
Publication Title Alternative
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
Volume
volume68
Publisher
岡山大学医学部附属病院三朝分院
Publisher Alternative
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
Start Page
115
End Page
120
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
mmc