Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
Published by the Faculty of Agriculture, Okayama University
ONLINE ISSN : 2186-7755

マツタケ施業林分の環境因子解析に関する研究 (第2報)照度がマツタケ子実体の発生におよぼす影響

Nishida, Teruaki
Ishikawa, Tatsuyoshi
Abstract
マツタケ子実体発生に関与する種々の環境因子のうち特に照度が子実体の発生にどのように関係するかを知るために菌環上に庇陰箱を設置して子実体の発生本数と菌環の生長量について検討した.得た結果は次の通りであった.1)庇陰箱内の照度は林内照度に較べて,施業区で5.8%,対照区(自然放置)で5.2%となっていた.2)庇陰箱内の湿度は林内に比較して高くなっていたが,地下5cm・地上10cmの週間最高最低地温・気温は共にその差は認められなかった.3)庇陰箱内にマツタケ子実体は発生したが,本数における庇陰の影響は認められなかった.4)庇陰箱内のマツタケ菌環の生長は認められたが,庇陰が菌環の生長に及ぼす影響は認められなかった。
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029