Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併した全身性エリテマトーデス(SLE)の1例

Okamoto, Makoto
Tsugeno, Hirofumi
Harada, Seishi
Hosaki, Yasuhiro
Mifune, Takashi
Tanizaki, Yoshiro
Niiya, Kenji
Harada, Mine
Abstract
播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併した全身性エリテマトーデス(SLE)を経験したので報告する。症例は73歳女性。64歳時慢性関節リウマチ(RA)と診断された。1999年1月食欲低下を訴え当科受診した。血小板減少、FDP高値、PT上昇等よりDIC発症を疑った。膠原病では凝固系の異常を認めるが、本症例では凝固系が完進しDICを来したと考えられた。 本症例はリウマチ因子陽性であったが、朝のこわばり等典型的なRAの所見に乏しく他の膠原病の合併を疑い、腎障害、血小板減少、抗Sm抗体、抗核抗体陽性よりSLEと診断した。
Keywords
慢性関節リウマチ (Rheumatoid arthritis)
全身性エリテマトーデス (Systemic lupus erythematosus)
播種性血管内凝固症候群 (Disseminated intravascular coagulation syndrome)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852