Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

ピークフローから見た気管支喘息に対する温泉療法の効果

Mifune, Takashi
Yamamoto, Kazuhiko
Iwagaki, Naofumi
Okamoto, Makoto
Tsugeno, Hirofumi
Hosaki, Yasuhiro
Tanizaki, Yoshiro
Tada, Shinya
Harada, Mine
Abstract
気管支喘息に対する温泉療法の効果をピークフローメーターを用いて継時的(第1週,第5過,第9週)に検討した。1.軽症・中等症では,第5週で有意にピークフロー (PEF)値は上昇した.重症気管支喘息例では第9週に有意な改善を認めた。2.20%以上のPEF値の改善を認めた症例の割合は第5週では,軽症・中等症・重症群で40~50%であったが,第9週では軽症群で80%,重症群で54.5%に増加していた。中等症群では第5週と同等であった。3.第1週のPEFが200(L/m)以下の症例では第5週,第9過とPEFの有意な改善を示したが,200
Keywords
bronchial asthma
spa therapy
peak expiratory flow (PEF)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852