Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

膵液のK-ras遺伝子の突然変異を認めた多発性膵嚢胞の1例

Yamamoto, Ryoichi
Ochi, Koji
Matsumura, Naoki
Tanaka, Juntaro
Kato, Tadahiro
Chowdhury Riaz
Harada, Hideo
Hasuoka, Hideaki
Yokota, Satoshi
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
膵癌の早期診断を行うために,最近の進歩の著しい遺伝子診断を用いて,膵液中のK-ras遺伝子の点突然変異の検討がなされている。われわれは膵液の細胞診は陰性であるが,K-ras遺伝子の点突然変異を認め,膵全体に多発する膵嚢胞の1例を経験した。本例は悪性であるとの確診が得られないことや切除するとなれば膵全摘となることなどのために,経過観察を行っているが,18カ月後の現在,嚢胞の増大など認めていない。膵癌の遺伝子診断の文献的考察を含め,報告する。
Keywords
膵嚢胞 (pancreatic cyst)
膵液 (pancreatic juice)
K-ras遺伝子 (K-ras oncogene)
点突然変異 (point mutation)
細胞診 (cytology)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852