Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

非寄生虫性肝嚢胞に対する経皮的エタノール注入療法 ―有効3症例の検討―

Morisue, Shinhachi
Suzuka, Ichio
Hirai, Shunichi
Soda, Mitshiro
Tokuno, Teruo
Komoto, Yoshiaki
Sunakawa, Mitsuru
Yorozu, Hidenori
Komatsubara, Shokichi
Teramoto, Shigeru
Abstract
非寄生虫性肝嚢胞の3例に,超音波ガイド下にドレナージ及び純エタノール注入を行い,全例に嚢胞の著明な縮小効果を認めた。本法は手技も容易で,副作用も軽微であり,エタノール注入と嚢胞縮小効果の間には1カ月以上の時間的な経過を要するが,肝嚢胞に対して,外科的療法に代わる有用な治療法であると思われる。
Keywords
肝嚢胞 (Liver cyst)
超音波ガイド下穿刺術 (Ethanol injection)
エタノール注入療法 (Transcutaneous hepatic puncture)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718