Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

難治な静脈性潰瘍に対する酸素療法 ―補助療法としての意義―

Komoto, Yoshiaki
Tokunou, Teruo
Soda, Mitsuhiro
Hirai, Shunichi
Morisue, Shinnhachi
Suzuka, Ichio
Sunakawa, Mitsuru
Yorozu, Hidenori
Abstract
長期にわたり反復する静脈性潰瘍は,静脈圧亢進により拡張した毛細管の増加とその周辺に滲出したフィブリンの沈着により,血液からの酸素,及び栄養物の供給が妨げられている。医用質量分析装置による皮下組織ガス分圧の評価で経鼻的に100 % の酸素吸入により潰瘍周辺への酸素供給が認められたので,重篤臨床例に対して静脈圧減圧処置に加えて酸素吸入を併用したところ,潰瘍の治癒傾向は著しく速くなり,補助療法としての意義を認めた。
Keywords
慢性静脈性潰瘍 (Chronic venous ulcer)
組織ガス分圧 (Partial pressure of tissue gases)
医用質量分析装置 (Medical mass spectrometer)
酸素拡散 (Oxygen diffusion)
酸素吸入療法 (Oxygen inhalation therapy)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718