Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

高圧窒素ボンベによる肝細胞核及び腹水肝癌細胞核の破砕とRNAポリメラーゼ活性におよぼす影響

Misumi, Hiromasa
Thumnail 85_387.pdf 923 KB
Abstract
細胞核の破砕方として高圧窒素ガスボンベを用いて,その破砕効果を検討した.ラット肝細胞核を窒素で加圧,解除によって破砕した. 3mM MgCl(2)の存在下では末破壊核,核小体が残った. 0.02mM MgCl(2)存在下ではこれらは完全に破壊された. AH-130細胞核をRNAポリメラーゼ抽出のために超音波処理すると,RNAポリメラーゼは失活した. 他方,同様の条件下で高圧窒素ガスの加圧及び解除によって失活することなくRNAポリメラーゼを抽出した.
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489