このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 752
Eprint ID
752
FullText URL
Title Alternative
Effect of Soil-improving Inputs for the Salts Exclusion from the Polder Soil in the Kasaoka Bay
Author
Miyake, Yasuto
Shimose, Noboru
Kawauchi, Tomomichi
Abstract
笠岡湾干拓畑土壌に対する土壌改良資材(石膏,ケイカル,パーク堆肥)の除塩効果を検討し,つぎの結果をえた. 1)石膏の施用は,無処理およびケイカル,パーク堆肥処理に比べ土壌pHを低く保持する傾向が認められた. 2)水溶性Naの溶脱は強度に進行しており,置換性Na量も資材無施用区,各処理区ともに低い値を示した. 3)土壌中の水溶性Ca量および置換性Ca量は石膏施用直後から顕著に増加した,そしてこれらCa量は経時的に減少の傾向を示すとともに,表層から下層への移行の傾向が認められた.一方,ケイカル施用の場合におけるCa量の動向は,石膏の場合より緩やかであった。
Keywords
笠岡湾干拓畑
土壌改良資材
除塩効果
Published Date
1988
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume72
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
77
End Page
87
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa