このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 586
Eprint ID
586
FullText URL
Title Alternative
Production of virus free plant of Petasites japonicus Fr. Schmidt(Compositae) by apex culture
Author
Matsubara, Sachiko
Masuda, Tadao
Abstract
愛知早生フキのウイルスフリー株は,次の様な方法で育成し,繁殖することができる. 地下茎の茎頂を切りとり,殺菌して次の様な培地に植付ける. 修正Murashige & Skoog(1962)の要素に30g/l しょ糖,8g/l bacto agarを添加したものを基本培地とし,0.1mg/l NAAとBAを添加した培地である. 又発根させるための培地としては,基本培地にNAA 0.1mg/l 又は1.0mg/l NAAと0~0.1mg/l BAを添加したものが有効である. これらの培地に移植すると根原基は4~6日で分化し,幼根は10~13日で伸長する. ウイルスフリーになる率は,茎頂塔養で得られた無菌の小植体の茎頂を0.1-0.3mmに切りとり,再度植付けることにより増加する. ウイルスフリー株の増殖のためには,それらの小植物の茎頂,茎、葉柄,葉の切片を用いることができる。
Published Date
1980
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume56
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
21
End Page
28
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa