ID 56631
Sort Key
6
Title Alternative
Two Nobel laureates, Alexis Carrel and Peyton Rous, intended to use cells in culture for theirresearch at the beginning of the 20th century
Author
Namba, Masayoshi Okayama Medical Foundation
Abstract
21世紀になって2017年までに,34件のノーベル生理学・医学賞と化学賞が出ているが,その約半数の研究に培養細胞(動物の細胞,あるいは,イースト)が使われている.すなわち,現代の生命科学の研究には,培養細胞がきわめて大きな役割を果たしているといえる.今回は,今から約100年前,細胞を培養して研究を進めようとした先見性に富んだ 2人のノーベル生理学・医学賞受賞者,Alexis Carrel(以下,本文ではカレルとする)と Peyton Rous(以下,ラウス)の経歴と業績を紹介し,彼等の培養細胞との係りについて述べる.
Note
総説(Reviews)
Publication Title
Journal of Okayama Medical Association
Published Date
2018-12-03
Volume
volume130
Issue
issue3
Publisher
岡山医学会
Publisher Alternative
Okayama Medical Association
Start Page
129
End Page
133
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
Content Type
Journal Article
Related Url
isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.130.129
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
Copyright Holders
Copyright (c) 2018 岡山医学会
File Version
publisher
Refereed
True
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma