このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 254
Eprint ID
254
FullText URL
Title Alternative
Studies on Resistance of Wheat Varieties to Scab (Gibberella zeae (Schw.) Petch.) : IX. The effect of the existence of head of wheat upon the symptoms of scab(Gibberella zeae(Schw.) Pethc.) on leaf blade treated by the improved method of inoculation
Author
Sasai, Kazuo
Takegami, Shizuo
Abstract
(1)赤かび病を出穂後の小麦葉に特殊接種する場合に,穂を着けたままの稈の葉と穂を切除した稈の葉とでは,その発病に差があるかどうかを,ポットならびに圃場栽培の小麦について試験した. (2)その結果は穂の着生した稈の葉では,穂を切除した稈の葉に比べて,病斑は拡大することを示した. この病斑の差は,赤かび病が葉の成分の差に対する反応に差のあることを示すもので,穂への成分移行が多く,養分欠乏傾向の介在する状態では病斑が拡大することを示した。
Published Date
1969
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume34
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
1
End Page
5
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa