このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15036
Eprint ID
15036
FullText URL
Title Alternative
Essai sur la Reforme de la Formation des lnstituteurs en la Troisieme Republique (6)
Author
Abstract
本稿では,1886年初等教育組織法(ゴブレ法)およびその関連法規の規定を中心に,1880年代の教員任用制度改革の法制的な概要整理を行なうとともに,その改革を立案・推進した主体の改革意図の解明を行なった。この教員任用制度改革は,教員を正教員と試補教員に二分し,正教員として任用(任命)するための条件として2年間の試補期間とその修了認定を導入するものであった。この改革は,その立案・推進主体にあっては,狭義の養成教育=師範学校教育の改革と密接に連動するものとして構想され,改革全体として,教員の資質(とくに「教える」技術)の向上を図り,教職の専門性を確立することを目指す改革として企図されていたことをあきらかにした。
Keywords
第三共和政
教員養成
教員の任用
ゴブレ法
ビュイッソン
Published Date
2009-02-25
Publication Title
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Publication Title Alternative
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Volume
volume140
Publisher
岡山大学大学院教育学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Education, Okayama University
Start Page
123
End Page
131
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Related Url
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/14140/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/13295/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12270/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11182/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/10992/
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou